写真を紡ぐ言葉。 言葉を魅せる写真。 何が見えますか。 どんな音が聞こえますか。


by co1pp

カテゴリ:ブログ( 6 )

備忘録 モノクロとは。

時代の要求と技術の進歩によって写真はモノクロからカラーへ。

写真をデジタルから始めた身にとっての現代のモノクロの価値。

どうしても分からないでいた。

答えは写真の中にあることを知った。

現代のカラー写真から遡ってもそこに答えはなかったんだ。

いわば白と黒。

正体は光と影。

モノクロとカラーに垣根なぞなかったんだ。

師匠と仰ぐ御人の一言。当たり前といわんばかりに重みのない言葉に言葉を失った。

いい写真はカラーでもモノクロでもいいんだよ。

ほらね、と、見せられた写真はモノクロにもかかわらず、

視覚がモノクロに捉えているにもかかわらず鮮明に脳内でカラーに変わる。

思い出補正?経験補正?なんのアルゴリズムだ?

さらに続く言葉。

色彩情報があったほうが綺麗でしょ?

と、見せられたカラー写真。

なぜかモノクロで飛び込んでくる。

なるほど、ここに線を引く必要はなかったんだ。写真の世界に少し足を踏み入れられた気がした。

a0344193_22204548.jpg
目の前の色彩に惑わされ本質を捉えていなかった。


彩度を捨てることで見える世界。

いつか、

誰かの脳で、

空気の色まで見せてやる。

タイトル

備忘録 モノクロとは。




[PR]
by co1pp | 2016-09-16 22:25 | ブログ | Comments(0)

ROCK in japan FES.2016

会場へ足を踏み入れるととどまることなく腹に響く音楽。

どこにいても揺さぶられる鼓膜。

振動する空気の中に身を置きたい衝動は夏が来るたびに。

この日の空も容赦なかったな。
a0344193_22084364.jpg

[PR]
by co1pp | 2016-08-12 22:16 | ブログ | Comments(0)

JAPAN JAM BEACH 2016

神様はそんなにやさしくない

きっと。

秀でている。誰もがぐうの音も出ない。



・・・替わりに何を置いてきたんだろう。

この場に30年立ち続けるために取捨選択したものはなんだったんだろう。

猛者たちが集う世界で戦い続けるために手にしなかったものはなんだ。

a0344193_21562388.jpg
宮本さん、カッコいいぜ。

感動で泣ける自分はまだやれると思う。


[PR]
by co1pp | 2016-05-04 22:35 | ブログ | Comments(0)

春の風と共に

自立することも出来ないこの乗り物に

何を求めているのか

スリル?

リラックスでは、ないな。

a0344193_21432172.jpg
最低気温を確認し家をでる。

タイトル

春の風と共に

[PR]
by co1pp | 2016-04-14 21:50 | ブログ | Comments(0)

ただよう

ただよう。

流れに任せるように。

ただ、ただよう。

たゆたっている訳じゃない。

ただよっているのだ。限りなく強い意志を持って。

a0344193_22250882.jpg


気づかれない?かまわないさ。心持ち一つ、違いは紙一重。

タイトル

ただよう

[PR]
by co1pp | 2015-11-30 22:32 | ブログ | Comments(0)

うつろう


紅葉のメカニズムってどんなだったかな。

どこかで読んだ気がしなくもないような。

記憶なんてそんなものだ。

ぼんやりしてるから

隙が生まれる。

人の魅力だね。


a0344193_22250951.jpg


隙を突くのは野暮ってもんだ。

タイトル

うつろう


[PR]
by co1pp | 2015-11-06 23:09 | ブログ | Comments(0)